特徴を確かめよう

男性

愛らしい見た目で話題を集めることもあるイタチですが、その特性から住宅に侵入して被害を起こす可能性のある動物として害獣指定されることもあります。イタチが侵入してきた時は退治することが大切ですが、その特徴を把握しておかないと退治に時間のかかることもあります。基本的にイタチは自然の多い地域で生息している生物でした。ただ、環境が大きく変化してきたことにより人の生活範囲内で生息することも増えてきたのです。イタチは哺乳類の一種で、大きく分けて二種類の個体がこの国で生息してます。一つは、元々生息していた在来種であるニホンイタチです。このニホンイタチは、今なお自然の多いところで生息していることが多く人の生活範囲で見られることはあまりありません。ただ、外来種であるチョウセンイタチは食べ物のある都市部などに多く生息していることから退治の対象とみられることも多いのです。イタチは基本的に何でも食べる雑食です。このため、人間の食べている物を食べられるのです。ネズミなどの生物も食べることからあらゆる物を食べることができるといわれています。基本的に住宅に侵入したイタチは人に見つかりにくい場所で生息して繁殖することが多いです。特に床下や天井裏にいることも多いため、退治しようにも中々見つからないという時もあるのです。それだけではなく、泳ぐこともできるためかなり行動範囲が広いといわれています。このため、どうしても捕獲するのに時間がかかってしまいます。